賢くリノベーション

中古住宅の既存を利用したリノベーション

中古住宅でも高級デザインのリノベーションで贅沢な暮らし

中古住宅でも高級デザインのリノベーションで贅沢な暮らし 近年は、中古住宅をリノベーションして長く使うという方法が主流となりつつあります。住宅を改修するのであれば、デザイン性の高いものに仕上げたいところです。
ここで知っておかなくてはならないことは、建物は大きく二つに分けられるという点です。スケルトン(躯体)とインフィル(内装)です。
中古住宅のリノベーションでは、基本的にはインフィル(内装)の部分を中心に改修が行われます。
しかし、それだけですと間取りは変わりませんし、見栄えもあまり変化がありません。ただリフレッシュされたというだけの状態になります。
高級感を演出するには、空間構築を再考することが必要になってきます。建築家による高級住宅の特徴としては、空間の境界は壁で仕切るのではなく、高低差を利用して空間に変化を持たせています。
これにより、壁で遮られていた部分が開放され、広く贅沢な空間を確保することが出来るのです。
また、天井を高くすることで、より一層空間に開放感を持たせることが出来ますので、贅沢感が高まります。
つまり、インフィルだけでなく、スケルトン(躯体)にも手を加えることで、従来とは全く違った空間構成とするのです。
そのようなリノベーション方法によって、中古住宅を高級なデザインとし、贅沢な空間を確保することは可能です。

中古住宅の既存を利用したリノベーション

中古住宅の既存を利用したリノベーション 近年の住宅事情は、建て替えではなく中古住宅をリノベーションする方法がよく用いられています。
これは、建物を長く大切に使っていくという考え方から生まれた発想で、注目されている手法です。
建物は大きく二つに分けることが出来ます。スケルトン(躯体)とインフィル(内装)です。
中古住宅をリノベーションする際は、基本的には内装を改修し、既存躯体は残したまま行います。場合によっては既存躯体に若干手を加えることもあります。
経年劣化した部分は交換を行いますし、部屋の空間を広く確保したい時は耐力壁は残した状態で、壁を撤去する場合があります。また、配管の交換をする場合もあります。
このように、交換、撤去する部分もあれば、あえて既存部分を残す場合もあります。ひとつの例としては、元からある部屋の装飾が貴重なものである時です。
部屋の装飾を残しておくことで、リノベーション後もその住宅が持つ個性が失われることなく残しておくことが出来るのです。
住宅の個性を残すということは、その住宅に対する愛着を失わないようにすることに繋がります。
ですから、中古住宅のリノベーションにおいて既存部分を利用するということは、とても大切な事なのです。

おすすめのリノベーション情報リンク

京都のリノベーションデザイン会社のサイト

京都でリノベーションをお考えなら

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>